qrcode.png
http://shogen.ac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
527931
 

正眼らいふ

   
過去のブログを見られたい方はコチラ


キャンパスの様子や出来事をお知らせ致します
 

正眼らいふ

正眼らいふ
フォーム
 
秋学期卒業式
2022-08-03
本日、令和3年度秋学期学位授与式が行われました。
令和4年8月3日ですが、「令和3年度」となるのは、
令和3年度の秋学期に2回生になったから、らしいですが、
ここのところは10年勤めていてもいちいち混乱します。
 
さて、卒業式の話。
大変暑くなりましたし、相変わらず新型コロナウイルスも活発です。
卒業生答辞冒頭「皆様にご臨席いただき」が全くその通りで、
ご来賓はお呼びできませんけれども、学生・教職員そろって
2名の卒業生を送り出せることに、心から感謝致します。
   
     ***
学長告辞の一部をご紹介します。
コロナ禍で制限がある中でも行学一体に励み、困難に耐えて卒業されます。
今日ひとつ荷を下ろし、また新たに荷を負うことになります。
その荷をきっちりと次のところまで運ぶ、
人生はそうやって続いていくし、それが人の宿命です。
本学で学んだあなた方には、困難に耐える力がある。
堂々と進んでいってください。
     ***
 
卒業生はおふたりとも僧堂へ掛搭される予定です。
臨済宗の修行は厳しいという一言では済まない厳しさですが、
まずは身体を壊さないように、励んでいただきたいと思います。
最後に、在校生送辞をお借りします。
禅の心を活かして、それぞれの道でご活躍されることをお祈りします。
 
 
 
避難訓練できました
2022-06-01
予定が変わって遅くなってしまいました。
ようやく春の避難訓練を実施しました。
例年だと、学生ミーティングで全員が集まっている時間に訓練をしています。
今回は時間を変えて「抜き打ち」(予想はついてしまうのですげれど)でした。
そのためか、いつもに比べると避難に50秒ほど時間がかかりました。
また、本日は学長が不在でしたので、事務局長総評でした。
 
実際に「何か」起きる時は必ず「抜き打ち」ですので、
どんな状況でも落ち着いて行動できるよう、普段からの訓練が大切です。
 
 
花まつり
2022-05-11
降誕会(花まつり)がありました。
お釈迦様のお誕生をお祝いする降誕会は4月8日ですが、
正眼寺の降誕会が5月8日に行われるので、同じころにしています。
4月でははまだ、飾り付けられるほど花が咲いていないからね、と学長から聞きました。
ちょうど今頃は、たくさん咲いています。
何年か前までは、近くの小学校の生徒さんも正眼寺の降誕会に参加されていたそうです。
お花も一緒に摘んだのだそうです。
コロナでやめているとのこと。また一緒にできると良いと思います。
 
春学期入学式
2022-04-01
令和4年度春学期入学式です。
高校新卒者からベテラン社会人の方まで年齢は幅広く、
また出身地も東北から沖縄までと幅広く、
6名の新入生をお迎えしました。
 
以下、学長の告辞より抜粋します。
 
本学は、「日本の復興は伊深の地から」という壮大な志で開学し今日まで教育を続けています。
時代は変わったものの、その志は受け継がれています。
ひとりひとりが「堂々と生きる」ことによって、それは世の中の為になります。
本学の建学の精神は「行学一体」です。
学ぶだけではなく、行なうこと、そこから出てきた疑問をまた学ぶこと、
そうやって禅の境地に近づくことは、教えることはできない。
実践して気付くしかない。
それぞれの目標、問題から目をそらさず、
足元を見つめて一歩一歩精進してください。
 
 
今年もたくあん漬けの季節
2021-12-16
寒くなってきました。たくあん漬けの季節です。
例年は図書館前で寒風に吹かれる大根ですが、
今年は諸事情あったようで  別の場所に干されていました。
 
毎年少しずつ材料に違いはあるものの、基本は
ぬか、伯方の塩、唐辛子、柿やみかんの皮を干したもの、昆布、です。
たくさん漬けるので、すぐに食べるたくあんの桶から、夏まで置いておく桶まで、
塩やぬかの分量を変えて作ります。
 
食堂(じきどう)での食事にはたくあんは欠かせません。
おいしく出来上がりますように!
 
独り言。。。市販の甘いたくあんも良いですが、
私は短大産の昔ながらのたくあんが好きです。
 
<<学校法人正眼短期大学>> 〒505-0008 岐阜県美濃加茂市伊深町876-10 TEL:0574-29-1372 FAX:0574-29-1320