禅を実践する学校です。社会人、シニア、留学生、お坊さんを目指す人…。1学年25名の少人数ながら多彩な学生が、大家族のように学んでいます。
 
qrcode.png
http://shogen.ac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

正眼らいふ

   
過去のブログを見られたい方はコチラ


キャンパスの様子や出来事をお知らせ致します
 

正眼らいふ

正眼らいふ
フォーム
 
平成30年度入学式
2018-04-03
今年度は4月1日が日曜だったので、3日が入学式でした。
 
今期の新入生は6名(うち5名社会人)と、日本一小さな短大らしい入学式になりました。
ですが、妙心寺派宗務本所教学課長様はじめ、美濃加茂市長、教育長、
伊深小学校校長先生、伊深連絡所所長様がご出席くださいました。
また、ご祝辞も頂戴し、本学の学生にご期待を寄せてくださること、
感謝申し上げます。
 
学長の挨拶にありました、「請う、其の本を務めよ」の言葉は、
自分の本分を務めよ、ということです。
 
学長がよく「らしく、ぶるな」と仰います。
自分らしく、そして、偉ぶるな、と付け加えると単純化しすぎてしまうでしょうか。
 
なすべきことを一生懸命する。
一日一日を大切に生きる。
自分の本分は何か、常に引き締めつつ、
ぜひ、正眼短大での日々を有意義なものにしていただきたいと願います。
 
 
 
 
 
涅槃会がありました
2018-02-07
ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。
毎日いろいろ起きているのですが、記事にするのが間に合いません
 
お釈迦様の入滅(2月15日)の法要、涅槃会(ねはんえ)が行われました。
正眼短期大学では、仏教の三仏会(さんぶつえ)を毎年きちんと行います。
お釈迦さま誕生の日(4月8日)の降誕会、
悟りを開かれた日(12月8日)の成道会、
そして涅槃会です。
 
全員で般若心経のあと、
横たわったお釈迦様のまわりに、たくさんの人、動物たちが集まっている涅槃図を前に、
学長のお話を聞きました。
お釈迦様は臨終の間際まで、集まった人々に法を説いたと言われています。
仏教の僧侶たる者、このように、どんな時でも
知っている事を伝えていく覚悟を持つことが大切。
 
参加した学生、教職員、お焼香をして終了しました。
 
 
収穫の秋
2017-11-06
朝晩は冷えるようになって、「収穫の秋」というよりは「冬」ですが…
先週の作務で掘ったさつまいも
卒業生の方に頂いた柿を干し柿に吊るしたところ
の2枚、写真を載せました。
収穫の秋、食欲の秋、感謝の秋。
 
伊深小学校のみなさん
2017-11-02
伊深小学校3年生の皆さんが、窯の見学に来てくれました。
薪の匂いを嗅いだり、先生に質問したり、積極的で嬉しいです
高温の炎にも驚いてくれました。
 
作品を作ったときの感想を、きれいなお手紙にしてくださり、
感激しました。
ありがとうございました。
また来てね
 
窯焚きしています
2017-11-01
10月30日(月)夕方から窯焚きが始まりました。
徐々に温度を上げ、本日3日目は1100度を超えています。
 
窯が始まると同時にぐっと冷え込み、
寝ずの番はツライところです。
伊深小学校3年生の皆さん、学習支援教室の皆さんの作品も、
本学学生の作品と共に焼いています。
割れずにじょうずに焼き上がりますように。
 
陶芸の松原先生、毎年ありがとうございます。
<<学校法人正眼短期大学>> 〒505-0008 岐阜県美濃加茂市伊深町876-10 TEL:0574-29-1372 FAX:0574-29-1320