禅の教育は60年前に始まった
 
創立当時、日本の未来を背負う人物を育てるという理想のもと、名だたる日本の思想家が馳せ参じた。
授業料無料、教授も無給、という学園から出発した。
 
  昭和28年09月30日 正眼寺開山無相大師六百年遠諱評議の席上、正眼専門道場師家 梶浦逸外老師、正眼短期大学創設計画を発表。
  昭和30年02月01日 正眼短期大学の設置認可を受ける。宗教科 入学定員30名
  昭和30年04月01日 正眼短期大学開学。

初代理事長兼学長に創立者梶浦逸外老師が就任する。
  昭和30年12月20日 中学校教諭2級普通免許状(宗教)授与資格認定を受ける。

(平成2年をもって返上)
  昭和30年07月 地域文化振興行事として「第一回 正眼夏期講座」始まる。
  昭和39年11月 地域文化振興行事として「第一回 正眼茶会」が始まる。
  昭和44年04月01日 本学柴野恭堂教授が、2代学長に就任する。
  昭和53年06月01日 正眼寺師家本学教授谷耕月老師が、3代学長に就任する。
  昭和55年10月20日 山田光成氏が、2代理事長に就任する。(至る昭和62年3月24日まで)
  昭和58年07月31日 地域スポーツ振興行事として「第一回 正眼相撲大会」が始まる。
  昭和60年10月27日 「正眼茶会」の併設行事「茶筅供養」が始まる。
  昭和61年07月26日 「創立30周年記念式典」を挙行し、三笠宮殿下を迎えて記念講演を行う。
  昭和62年04月13日 千宗室氏が、3代理事長に就任する。
  平成元年04月01日 ニューヨーク大菩薩禅堂金剛寺師家嶋野榮道老師を客員教授として招致し、東西禅文化交流の拠点としての「正眼禅国際交流会」(会長、谷耕月学長)を発足させる。
  平成元年08月03日 「正眼禅国際交流会」の学生参加行事として

「第1回ニューヨーク大菩薩禅堂サマー接心」を実施する。
  平成03年10月22日 中国・杭州大学(沈善洪学長)と姉妹校提携を結ぶ。
  平成04年03月23日 サイパン・北マリアナ短期大学(A.M.マクフィートレス学長)と姉妹校提携を結ぶ。
  平成04年06月11日 放送大学と「単位互換協定」を結ぶ。

平成5年度後期から、単位認定試験を実施する。
  平成04年08月28日 「海外語学研修」(於:杭州大学)を実施する。
  平成05年04月01日 紀野一義氏が、副学長に就任する。
  平成05年05月13日 サイパン・北マリアナ短期大学と「単位互換協定」を結ぶ。
  平成06年04月20日 地域文化振興企画「正眼短期大学公開講座」を通年開講形式で開始する。
  平成06年10月11日 「創立40周年記念式典」を挙行し、杭州大学から沈善洪学長を迎えて記念講演を行う。
  平成06年12月09日 正眼僧堂師家山川宗玄老師が、4代学長に就任する。
  平成11年09月 中国・天津商科大学と「語学単位協定」を結ぶ。
  平成13年04月01日 学科名を「宗教科」から「禅・人間学科」に変更する。
  平成17年10月01日 学校教育法一部改正施行。これによって平成18年3月卒業から「短期大学士」の学位を授与される。
  平成18年08月04日 横山紘一氏、副学長に就任
  平成19年08月06日 美濃加茂市と地域連携協定を結ぶ。(渡辺直由市長)
  平成19年10月21日 中国 鑑真学院と姉妹校提携を結ぶ
  平成21年03月25日 短期大学基準協会が定める機関別評価を受け、適格と認定される。
  平成23年05月18日 美濃加茂高等学校と高大連携協定を結ぶ。
  平成24年03月 京都西山短期大学と相互評価を実施。
  平成24年04月01日 竹貫元勝氏、副学長に就任。
  平成24年07月19日 あじさい看護福祉専門学校と教育連携協定を結ぶ。
  平成26年09月17日 今村敬子氏、副学長に就任。
  平成27年01月09日 美濃加茂市と「災害時における学校施設の活用に関する協定」を結ぶ。(藤井浩人市長)
  平成28年03月08日 岐阜医療科学大学と教育連携協定を結ぶ。
<<学校法人正眼短期大学>> 〒505-0008 岐阜県美濃加茂市伊深町876-10 TEL:0574-29-1372 FAX:0574-29-1320