正眼短期大学 禅・人間学科 : 全国唯一の禅の短大/僧侶を目指す/少人数教育で日本の心を学ぶ

  • 日本の心を学ぶ
  • 日本の心を学ぶ
 
 
 
禅語ブログ「正眼の一滴」更新しました 掬水月在手 
2017-10-20
 
正眼らいふを更新しました。お遍路実況
2017-10-19
ブログ正眼らいふを更新しました。
 
2017.10.17~ お遍路 実況
 
 
 
 
NHK「こころの時代」学長、横山先生共演放送されました
2017-10-05
テレビ番組「こころの時代」(Eテレ 毎週日曜 午前5時 他)にて、
横山紘一先生の、シリーズ「唯識に生きる」(全6回)は9/17に最終回が放送されました。
最終回は「いのちの時代」の到来〉と題して、山川学長と対談が組まれました。
 
リクエストが多いと再々放送されるというような噂も耳にしました。
見逃した!という方がいらっしゃいましたら、
もしかすると、またの機会があるかもしれませんので、
NHKの番組表等を気にしてみてください。
 
ボランティアセンターぶろぐ 更新しました 「陶芸教室」
2017-10-03
 
おいしい食事を有り難う【今日のおひるごはん】(ブログ)再開
2017-09-19
 
すわらじ劇園公演のおしらせ 10/11
2017-09-12
今年もこの季節がやってきました。

すわらじ劇園さんの公演は、10/11(水)です。
 開演:午後6時30分 午後8時終了予定
 会場:正眼短期大学 講堂(入場無料)
 演目:「峠を越えて」一幕/榊原政常 作「川上観音」より/演出:木村進次
 

 
目の見えない和佐市と、耳の聞こえないおとさの老夫婦がいました。信心深いおとさは、何とかして和佐市の目が見えますようにと、村はずれの川上観音様に願掛けをして熱心に祈りました。一方和佐市の方は「いくらお祈りしても」と知らん顔をしています・・・
 
目の見える人、見えない人。耳の聞こえる人、聞こえない人。人生様々、互いに助け合うのか、いがみあうのか。
“山のかなたの空遠く 幸せ住むと人の云う・・・” 峠を越えたその先には。
高校演劇の第一人者、榊原政常先生が歌舞伎の「壺坂霊験記」をヒントに書き下ろされたお話で、民話風の物語の中に「いじめ」や「差別」「真実を見る眼」「観音様のお慈悲」など、人生の諸相を暖かく描き出された爽やかな作品です。
(公演案内より抜粋)
 


皆様ぜひ、お誘いあわせてお越しください
 
 
公開講座ぷち2017 次回は10/7(土)古文書
2017-07-10
 
紀要・論文集等掲載の論文一覧を作りました【図書館】
2017-09-04
 
正眼セミナー ◆9/24名古屋
2017-09-19
  
 H29年度セミナー日程は こちらからご覧ください。
 セミナーにご参加いただいた方からのコメントを掲載しています。コメントはこちら
   コメントに対するコメントは載せていませんが、悪しからずご了承ください。
   貴重なご意見をありがとうございます。
 
  
 今後の開催予定  inぎふのみ、要予約
 
9/24(日) 正眼セミナーin名古屋 14:00-15:30 1,500円 申込み不要
 
※ 9/17に予定していました禅セミナーinぎふ(岐阜グランドホテル)は台風接近の為、中止しました。
  延期の場合は後日ご連絡致します。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、少々お待ちください。
 
 
図書館休館の夏休みと開館日のお知らせ
2017-07-27
<<学校法人正眼短期大学>> 〒505-0008 岐阜県美濃加茂市伊深町876-10 TEL:0574-29-1372 FAX:0574-29-1320